実は電気がないと動かない家電・住宅設備

オール電化住宅の台頭など、現在、日本人の生活は驚くほどに電気に依存しています。昔は停電時でも使えていた家電も、最近では電気がないと使えないものも少なくありません。今回は、電気がないと動かない家電・住宅設備について解説します。

電気がないと動かない家電・住宅設備

給湯器

現在一般的に普及している給湯器はガス式と電気式(エコキュート)の2つに分けることができます。電気式が停電時に使用できないのはもちろんですが、ガス式給湯器も操作パネルを通じて電気でコントロールしているため、停電時は基本的に使用することができません。しかし、最近は停電モード搭載のものも市場に普及し始めました。

電気式が停電時に使用できないのはもちろんですが、ガス式給湯器も停電時は基本的に使用不可です。

コンロ

現在、一般的に普及しているコンロはガスを使用するガスコンロと電気を使用するIHコンロの2つに分けることができます。IHコンロはもちろん停電時は使用できません。ただ、ガスコンロも着火の際に電気を使用しているため停電時に使用できない場合があります。ガスコンロは乾電池式と電源式の2つに分けることができ、乾電池式は停電していても使用できます。ただ、電源式の場合で非常用に乾電池を入れることができない場合は停電時の使用はできません。

IHコンロは停電時は使用不可。ガスコンロは乾電池式の場合、停電後も使用可能

トイレ

トイレには水洗トイレとタンクレストイレの2つが主に普及しています。両方とも電気で水を流しているので、停電時にはトイレの蓋が開かず、使用することはできません。水洗トイレには様々な種類があり、大部分のものがバケツに水を汲んで流せば、トイレを流すことができます。しかしながら、タンクレストイレは全て電気によってコントロールしているため、停電時がトイレの蓋が開かず、使用することはできません。

タンクレストイレは停電時使用不可。水洗トイレの大部分はバケツに水を汲んで流せばトイレを流せる

電動井戸ポンプ

都会では中々見かけませんが、地方では自宅で使用する水を電動井戸ポンプを通じで井戸から供給している家も少なくなりません。電動井戸ポンプを通じて生活用水を賄っている場合、停電時は水道もストップしてしまいます。

電動井戸ポンプを通じて生活用水を賄っている場合、停電時は水道もストップする

まとめ

停電に備えて特定負荷型住宅用蓄電システムを導入したが、停電時に実は電気がなくても使えると思っていた家電・住宅設備が使えなかったら、お客様は困ってしまいますよね。そのようなことがないように、お客様の住宅がどの程度電気に依存しているのかを把握し、蓄電池を提案する必要があります。

おすすめコンテンツ

蓄電池の用語や種類、とにかく基礎が知りたい!という方向けの資料をご用意しました。下記より無料ダウンロード可能!

蓄電池のことをもっと知るなら

蓄電池きほんのき

これから蓄電池ビジネスに参入する方や、新入社員の方にオススメ!販売時に役立つ蓄電池の用語解説など、今更聞けない基本をわかりやすくまとめました!

いますぐダウンロード