2018年02月14日

考えておきたい震災時のライフライン 太陽光発電システム&蓄電池は有効?

考えておきたい震災時のライフライン 太陽光発電システム&蓄電池は有効?のイメージ画像

地震大国である日本で暮らす以上、大きな震災が発生した場合のことを日頃から考え、準備しておくことが欠かせません。
東日本大震災、熊本地震などを通してみえてきたのは、大きな地震が発生したとき、数日、あるいは数週間にわたって電気が止まる可能性があるということです。停電が長期に及んだ場合、ライフラインとして電気を確保できなければ、家族の命にも関わります。電気を自前で賄うことが意識される中、太陽光発電と蓄電池の組み合わせは停電時のセーフティネットたり得るのかを検証しました。

■太陽光発電システムの「自立運転システム」があれば、停電時でも電力が使える!

大きな震災が発生した場合、電気は比較的早期に復旧されるライフラインだといわれています。2011年に発生した東日本大震災では、電気がほぼ完全に復旧するのに約1週間かかりました。同じく2015年に発生した熊本地震でも、約1週間でおおよそ停電が解消されています。東日本大震災で比較すると、水道は3週間で、ガスは5週間。これらに比べれば電気は短期間で復旧されましたが、電気を使わずに1週間過ごすことは人の健康や心に大きな負担を与えます。

電力事業者から電気が届かなくても、太陽光発電システムがあれば備えになります。生活に必要な電気を、ある程度までなら自前で賄えることができるのです。

停電が起きると、通常モードの運転はできません。そうなると太陽光発電システムは自動的に停止します。その場合はパワーコンディショナの運転切り替えスイッチを手動で操作し、「自立運転システム」に切り替えることで、太陽光発電システムで蓄電した電気を利用できるようになります。
しかし、「自立運転システム」では通常使っている住まいのコンセントは使用できません。パワーコンディショナ本体、もしくは非常用電源として設置してあるコンセントのみ使用することが可能です。使える電力量も一般的に1,500Wまでです 。

■蓄電システムと太陽光発電なら、夜間の停電にも安心!エコも実現!

太陽光発電システムは、太陽光さえあれば無限に電気を生み出すことができるシステムです。燃料が不要なので、エンジン発電機のように「燃料切れ」を起こす心配がありません。
頼りがいのある設備ですが、夜間や雨天、曇天など十分に太陽光が得られない状況では発電できないのが弱点です。

機器によって異なりますが、雨の日は晴天の1/5~1/10、曇りなら1/3~1/10程度に性能が落ち込みます。自立運転システムで電気が使用可能でも、肝心の発電量が暮らしを賄うレベルには達しません。暗闇になる夜は特に照明を使いたいところですが、太陽光がないため発電できず、電気を使う照明を稼働することができません。

この問題を解決できるのが、蓄電池です。昼間発電した電気を貯めておくことで、停電時でも、夜間や雨天、曇天の日でも電力消費を賄うことが可能になります。
この他にも、蓄電システムは停電時のライフラインとして活躍するだけでなく、平時には電気料金の節約にも役立ちます。皆が寝静まって電気の使用量が減る深夜帯には、安価な夜間電力を電力会社の系統から購入して蓄電しておきます。このようなサイクルで24時間の電力使用が最適化され、電気使用量の大幅な節約につながります。

■太陽光発電システムと蓄電システムの併用なら、長引く停電でも安心!

近年、立て続けに大きな震災が発生しており、今後はさらに深刻な被害をもたらす地震の発生が政府により予想されています。代表的なものが、南海トラフ地震です。近畿全域に震度6以上の揺れが計測されると考えられています。また、首都直下型地震では建物の倒壊や火災の被害が甚大。過去に例のない長期間の停電が発生する危険性が高く、停電に備えるのであれば、数週間、あるいは数カ月単位で、「電力的な自活」ができる設備を整えておくことを検討しましょう。

そのカギとなるのが、発電を賄う太陽光発電設備と、蓄電を賄う蓄電池のコンビネーションです。このふたつの組み合わせが「自前で作った電気を貯めて使う」という理想的なシステムを構築し、長期の停電にも耐えることができます。地震の停電に対しても、ゆとりを持って電力事業者による電気の復旧まで耐えられるのです。

電気なしに成り立たない暮らしを送っている私たちにとって、長期的な停電に備えることは非常に大切なリスクヘッジです。近年は太陽光発電施設や蓄電池の性能が高まり、普及が進んでいます。各家庭で対策を講じることは現実的な選択となりました。いつ起きるか分からない災害。意識した瞬間こそ検討するべきタイミングです。

蓄電システムのプロフェッショナルが社内に常駐!
不測の事態にも対応可能だから安心

ネクストエナジーにご相談ください!
お問い合わせはこちら
お得で役立つ情報満載の
無料メルマガ購読もこちらから
  • ソリューション

    ソリューション

  • 製品情報

    製品情報

  • コラム

    コラム