2018年09月19日

環境に優しい電気と子どもの教育

昨今地球温暖化など、環境問題が世界的な大テーマとなっています。環境悪化に歯止めをかけ、持続可能な社会を築くためには、息の長い取り組みが求められるため、将来を担う子どもたちの教育も非常に大切です。
そういった現状を受け、文科省が学校への太陽光発電システム導入を推奨するなど、教育の現場では太陽光発電システムを通じた環境教育が広がりつつあります。電気ができる様子を間近に見たり、天気が悪いと発電量が低下する様子を観察したりすることで、エネルギーの貴重さを体感し、環境への意識を高めることができます。

■教育を通じて環境問題への意識を高める

環境問題について子どもたちが考える機会はあまり多くありません。ニュースなどで地球温暖化に関する情報に触れても、自分に関係が深い出来事として、その意味を感じる機会はほとんどないでしょう。だからこそ、暮らしの中で環境のことを意識できるよう、早いうちから学校などで組織的な教育を施すことが大切なのです。

太陽光発電システムは子どもにとってなじみの深い太陽光が電気に変わる設備であり、電気に対する関心を持つきっかけになりやすいアイテムです。そのため教育効果を狙って学校に設置する動きが進められており、2008年には関係省庁連携のもと「太陽光発電の導入拡大のためのアクションプラン」が設立されました。環境面を重視した学校施設(エコスクール)の整備を進める中で、太陽光発電システムを導入するケースも増えており、例えば北海道の南富良野町立小学校では校舎屋上に太陽光発電システムを導入しています。

そういった設備を用いた学校教育の在り方については、「学習指導要領」の中でも規定されており、例えば小学4年生の理科では「乾電池や光電池の働きを調べ、電気の働きについて考えを持つことができるようにする」、中学生の理科では「持続可能な社会を作ることが重要であることを認識すること」など、エネルギーや環境問題に対する意識作りが求められています。教育効果を高める太陽光発電システムは現代教育において欠かせないアイテムのひとつといえます。

■触って取り出して、電気の大切さを学ぶ

子どもにものごとを教える上で大切なのは、体感させることです。学校で行う環境教育では、太陽光発電装置を実際に手で触り、ときにはパネルの上に乗って頑丈さを確かめるなど、子どもにも分かりやすいよう教え方を工夫しています。火力発電などタービンを回す発電機器は安全性の問題があり、なかなか間近で見たり触れたりするのが困難ですが、太陽光発電パネルなどは熱を持ったりすることがないため、安心して子どもたちに触らせることができます。

また校内に設置されている太陽光発電システムの発電量や、校内の電気使用量を電光掲示板で表示するなどの取り組みも見られる他、「発電した電気を充電して取り出す」という取り組みを行っている学校もあります。電気には発電し続けないと利用できないという大きな問題がある一方、最近では蓄電池を利用すれば、日射があるときにしか発電できない太陽光発電設備でも、夜間や雨の日にも電気を賄うことができます。充電池に電気を貯めてみることで、そういった電気の特性や使い方の工夫を学ぶことができるのです。

■電気代が気になる――子どもの暮らしに変化も

家庭における太陽光発電システムの導入にも、子どもに対する教育効果があります。当社の太陽光発電システムを導入されたお客様からも、「子供たちと電気の使用量を気にするようになり、お互いに協力しあって節電するようになった」とのご意見をいただいております。
多くの子どもにとって、電気はあるのが当たり前で、どこからやってきて、どれだけ使っているのかなど意識することは稀です。ところが自宅で発電しているとなると、それまで気にしたこともなかった電気の使い方について関心が生まれ、「大切に使いたい」という意識が発生することがあります。

環境に優しい太陽光発電システムについての関心は、自然や環境問題に対する興味や配慮にもつながります。普段の生活から環境についての問題意識を育むことは、持続可能な社会を長期的に維持する上で非常に意義深い取り組みです。

地球温暖化などの問題は大人だけの心配事ではありません。むしろ今後長くこの星で暮らす子どもたちにとってはより深刻な問題であり、軽減するためには一人ひとりの意識改革が非常に重要です。太陽光発電システムを通じた環境教育は、明るい未来を作るために欠かせない取り組みのひとつであり、再生可能エネルギー事業に携わる我々の果たすべき責任といえるかもしれません。

蓄電システムのプロフェッショナルが社内に常駐!
不測の事態にも対応可能だから安心

ネクストエナジーにご相談ください!
お問い合わせはこちら
お得で役立つ情報満載の
無料メルマガ購読もこちらから
  • ソリューション

    ソリューション

  • 製品情報

    製品情報

  • コラム

    コラム